社会人が大学院入試の英語で高得点をとった方法

スポンサーリンク

PTは今後、供給過多の時代が来ると思います。

そんな未来を見据えて、生き残れる理学療法士になるために大学院での研鑽を考える人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、大学院入試には専門分野だけでなく英語の知識も求められます。

専門分野ならまだしも、英語にハードルを感じる人が少なからずいると思います。

大学受験を終えると学部生でも英語に触れる機会が少なくなるのに、社会人からなおさらです。

 

この記事では、社会人の僕がリハビリテーション系の大学院入試に合格した英語の勉強方法について書いています。

 

過去問を手に入れる

過去問は大学の事務所に問い合わせれば入手できます。

まずは、過去問を手に入れて一回の試験分だけ解いてみましょう。

 

単語、熟語、文法、構文がわからないのか。

読むスピードが遅いのか。

何が苦手なのか分析しましょう。

 

僕の場合は分析もなにも、全部が苦手でした。

英和辞典が持ち込み可能な試験だったので、英単語は覚えなくても大丈夫だろうと考えていたのですが、英和辞典を引くのに時間がかかりすぎて解けた問題は一つだけでした。

とりあえず、全部勉強しないといけない状態だったので、参考書を一通り購入することにしました。

 

英単語ターゲット1900

旺文社の「英単語ターゲット1900」を購入しました。

決めたポイントは

  • 掲載単語数が多い
  • 100単語ごとに章が区切られているので学習しやすい

ことでした。

 

とくに100単語ごとに章が区切られているのは個人的にはとても良かったです。

1日に学習する目標が決めやすく、1章が終わるごとに達成感がありました。

 

院単-大学院入試のための必須英単語1800」も購入しました。

しかし、こちらは人文社会科学系の英単語がたくさん掲載されており、志望する大学院の出題傾向とは異なっていたのでほとんど使用しませんでした。

おそらく、リハビリテーション系の大学院入試なら院単は使わなくても大丈夫だと思います。

 

英単語はどんなふうに勉強したか

1日100単語(1章)を目標にして、朝50単語、夜50単語で勉強しました。

一単語に意味がいくつかのっていますが、このときの覚えたのは1つ目の意味だけです。

 

理由はいくつかの意味を覚えようとすると、なかなか先に進めず、モチベーションを保てなかったからです。

また、意味を一つ覚えれば、その単語が英文で違う意味ででてきても意味を類推することができるからです。

もし、類推できないほど予想外の意味であっても、それはそれで記憶に残るので大丈夫です。

 

英単語帳は試験勉強を始めて入試前日まで同じペースで何周もしました。

何周かすると一つ目の意味はかなり頭に入っているので、そこからは別の意味や、熟語を覚えるようにしていきました。

 

基礎英語問題精講シリーズ

英文の参考書は旺文社の基礎英語問題精講シリーズを購入しました。

志望する大学院の過去問をみて、入門シリーズでは簡単すぎて、標準シリーズでは難しすぎると思ったため、中間の基礎シリーズを選びました。

 

基礎英文法問題精講

過去問の出題を一通りみてみると、文法問題は出題されていなかったので基礎英文法問題精講はどうしてもわからない文法の確認程度に使用しました。

なので、基礎英文法問題精講は一切といていません。

 

基礎英文問題精講

基礎英文問題精講は短めの英文がたくさんのっています。

短い英文ですが、重要な文法や構文がギュッと詰まっているのでかなり勉強になりました。

基礎英文問題精講は3周しました。

 

基礎英語長文問題精講

基礎英語長文問題精講は長文と設問が掲載されています。

こちらも英文読解に重要なものが詰まって勉強になりました。

 

基礎英文問題精講にのっていた英文が長文となって掲載されており、見覚えのある英文だったので長文に苦手意識がありましたが取っかかりやすかったです。

基礎英語長文問題精講は2周しました。

 

詳解 大学院への英語

基礎英語長文問題精講以外の英語長文の勉強もしておこうと考え、もう一冊、参考書を購入しました。

東京図書の「詳解 大学院への英語」です。

 

掲載されている文章はかなり英単語を含めてかなり難解です。

しかし、読解のコツがたくさん書かれています。

 

僕が志望する大学院の英文とはジャンルが違ったので、すべての文には取り組まず、読解のコツに関する部分を中心に勉強し、2周しました。

この参考書の読解のコツを読んでから、英文を読むスピードがかなり上がりました。

ここを読むだけでも価値のある一冊です。

 

英文はどんなふうに勉強したか

できるだけ音読で意味を理解するようにするように意識して、わからない単語は調べず、文構造も詳しく理解しようとしませんでした。

理由は、英文の構造に慣れて読解のスピードを上げるためです。

 

その都度に精読していたら、日本語の文構造(主語→目的語→述語などの流れ)で理解しようとしてしまうため、英文の構造(主語→術後→目的語などの流れ)に慣れることができません。

しかし、わからない部分を放置するのも良くないので、まったく意味が理解できなければ解説を確認しながら精読しました。

 

参考書の設問は過去問の出題傾向に沿ったものだけを回答しました。

 

また、英文を読む頻度を上げるため、設問以外の日本語訳はノートには書きませんでした。

僕はとにかく英文を読むのが遅かったので、ペンを動かしている時間があれば英文を読む頻度を上げてスピードをつける方が大事だと考えたからです。

さらに、日本語訳を書いてしまうと日本語の文構造で英文を読むクセがついてしまいそうだったというのも理由です。

 

英和辞典を引く練習も

入試で英和辞典の持ち込みが許可されているなら、辞書を引くスピードも大事です。

どんなに勉強しても知らない英単語は必ずあるからです。

 

入試ではゆっくりと辞書を引いている時間はありません。

過去問を解くときにわからない英単語は英和辞典を使って調べ、すばやく意味を調べる練習をしました。

 

まとめ

僕はこれらの参考書に毎日コツコツと取り組んで、大学院入試で高得点をとることができました。

個人的には、英文を音読する段階で英語の文構造のまま意味を理解するように練習したことが効果的だったのではないかと思います。

このおかげで英文読解のスピードがかなり上がりました。

また、「詳解 大学院への英語」の読解のコツはすごく参考になりました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。イッコロといいます。 大阪府の理学療法士です。 病院で勤務しています。