大殿筋~解剖、特徴、トレーニング~

スポンサーリンク

 

大殿筋の解剖と作用

f:id:iccolo:20181105174801j:plain

【起始】浅部:腸骨稜、上後腸骨棘、腰背筋膜、仙骨の外側、尾骨の外側縁
    深部:後殿筋線の後方、仙結節靭帯、中殿筋の筋腹

【停止】浅部:腸脛靭帯
    深部:大腿骨の殿筋粗面

【支配神経】下殿神経L5~S2

【作用】股関節伸展、外旋(屈曲90°で内旋作用に切り替わる
    上部繊維は外転
    下部繊維は内転

大殿筋の特徴

大殿筋は腰背筋膜に付着しているため

  • 体幹の安定性や伸展筋力に関わる
  • 腰背部の柔軟性低下は大殿筋にも影響が及ぶ

という特徴があります。

また、仙骨の外側や仙結節靭帯に付着しているため仙腸関節の安定性にも関わります。

OKCにおいては、股関節屈曲域での股関節伸展でハムストリングスが主動作筋になるのに対して、伸展域では大殿筋下部繊維が主動作筋になると報告されています。

動作時の筋活動では

  • 小さい体幹全前傾角度で活動し、体幹前傾が大きくなるとハムストリングスの活動が高まるため大殿筋の活動は低くなる
  • 歩行立脚初期で外部股関節屈曲モーメントを制御するため、下部繊維の活動が高まる
  • 立脚初期~中期で外部股関節屈曲と内転モーメントを制御するため、上部繊維の活動が高まる

といわれています。

股関節周囲の手術により中殿筋が侵襲されて、中殿筋の筋力強化が困難な場合、大殿筋上部繊維の筋力強化が歩行の安定性向上のポイントになることを臨床的に経験します。

大殿筋のトレーニング

代表的なトレーニングはブリッジ動作でしょう。

膝関節伸展位よりも屈曲位で行うとハムストリングスの関与が小さくなるため、大殿筋を強調してトレーニングできます。

しかし、これでは伸展域でトレーニングできないので

  • 腹臥位にて膝関節屈曲位で股関節伸展
  • 背臥位でベッド端から下腿をおろしてブリッジ運動

を僕は行っています。

上部繊維を強調してトレーニングする場合は

  • 屈曲域では開排とブリッジの複合運動
  • 伸展域では腹臥位で股関節外転運動

を行ってます。

伸展域のトレーニングで腹臥位の外転運動を行う理由は

  • ベッドとの摩擦を少なくするため、自然と股関節伸展作用が働く
  • ベッドで骨盤が固定されるため、骨盤回旋の代償運動がおこりにくい

という利点があるからです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。イッコロといいます。 マイペースに勉強している運動器認定理学療法士です。 大阪府の病院で回復期の整形外科疾患と中枢神経疾患の理学療法を担当しています。