ハムストリングス 各筋の特徴が曖昧になっていませんか?

スポンサーリンク

ハムストリングスは大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の3つの筋の総称です。

主な作用は股関節の伸展と膝関節の屈曲ですが、これだけでは不十分です。
それぞれの筋のは特徴的な作用があります。

この記事では大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の特徴について書いています。

ハムストリングスとは

ハムストリングスとは

  • 大腿二頭筋
  • 半腱様筋
  • 半膜様筋

の3つの筋の総称です。

走行時の加速に大きく貢献するため、ランニング筋とも呼ばれています。

英語ではhamstring musclesといいます。

いずれも膝関節の屈曲作用をもっていますが、股関節の伸展作用ももっているためCKCでは膝関節を伸展させることができます。

大腿二頭筋の解剖と特徴

英語ではbiceps femorisといいます。

大腿二頭筋
起始長頭:坐骨結節
短頭:大腿骨の粗線外側唇
停止腓骨頭
外側側副靭帯
腓腹筋の外側頭
支配神経坐骨神経(L5~S2)
作用股関節の伸展
膝関節の屈曲
下腿の外旋

【特徴】

  • 長頭は二関節筋、短頭は単関節筋である
  • 大腿二頭筋の一部は外側側副靭帯に停止するため、膝関節の内反制動に関与する
  • 一部が腓腹筋の外側頭に停止するため、おたがいの筋活動に影響する
  • 短頭は膝関節伸展ROMの大きな制限因子になる

半腱様筋の解剖と特徴

英語ではsemitendinosusといいます。

半腱様筋

起始坐骨結節
停止脛骨粗面の内側
支配神経脛骨神経(L4~S2)
作用股関節の伸展
股関節の内転の補助
膝関節の屈曲
下腿の内旋

【特徴】

  • 縫工筋と薄筋とともに鵞足を形成する
  • ほかの鵞足筋とともに膝関節の外反を制動する
  • 疼痛誘発テストは股関節屈曲+内転+膝関節屈曲位からの膝関節伸展
    これで疼痛が生じれば半腱様筋が鵞足部痛に影響している
  • 半膜様筋よりも下腿の内旋作用が強い

半膜様筋の解剖と特徴

英語ではsemimembranosusといいます。

半膜様筋

起始坐骨結節
停止脛骨内側顆の内側部~後部
内側側副靭帯、斜膝窩靭帯、膝窩筋
膝関節後方関節包、内側半月板
支配神経脛骨神経(L4~S2)
作用股関節の伸展
股関節の内転の補助
膝関節の屈曲
下腿の内旋

【特徴】

  • 半腱様筋の深部に走行している
  • 内側側副靭帯に停止しているため、膝関節の外反の制動に関与する
  • 後方関節包や内側半月板に停止しており、膝関節屈曲時にこれらのインピンジメントを防ぐ

参考文献

  • Donald A. Neumann(2012)『カラー版 筋骨格系のキネシオロジー』嶋田智明・他訳, 医歯薬出版株式会社.
  • 林典雄(2006)『運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹』青木隆明監修, MEDIAL VIEW.
  • 原島広至(2004)『肉単(ニクタン)~語源から覚える解剖学英単語集~』河合良訓監修, 株式会社エヌ・ティー・エス.
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。イッコロといいます。 マイペースに勉強している運動器認定理学療法士です。 大阪府の病院で回復期の整形外科疾患と中枢神経疾患の理学療法を担当しています。