腸腰筋の作用や歩行との関係、トレーニング方法をしっていますか?

スポンサーリンク

腰椎や骨盤、股関節といった体幹の中心部に付着している腸腰筋

付着部だけみても重要さが伝わってきますよね。
臨床でアプローチする機会は多いと思います。

というわけで、腸腰筋について復習しませんか。
意外と忘れていたことがあるかも。

腸腰筋の作用や歩行との関係、トレーニング方法などについて書きました!

 

腸腰筋とは

腸腰筋は英語でiliopsoasといい、大腰筋と腸骨筋の総称です。

大腰筋の解剖と作用

大腰筋は英語でpsoasといいます。

f:id:iccolo:20181121205855j:plain

【起始】浅頭:Th12~L5の椎体と椎間円盤
    深頭:L1~L5の肋骨突起
【停止】大腿骨の小転子
【支配神経】大腿神経L1~L4
【作用】股関節の屈曲、わずかな外旋
    腰椎の前弯

股関節の屈曲筋でもっとも強力な力を発揮するをいわれています。

体幹に関しては、腰椎に生理的前弯がある状態で大腰筋が収縮すると、椎体間に圧縮方向の力が働くので腰椎を安定化させることができます。

また、一側だけが収縮すると腰椎を同側に側屈させます。
この作用により、矢状面方向の運動だけではなく、前額面方向の運動も制御することができます。

腸骨筋の解剖と作用

腸骨筋は英語でiliacusといいます。

f:id:iccolo:20181121205928j:plain

 

【起始】腸骨窩
【停止】大腿骨の小転子
【支配神経】大腿神経L1~L4
【作用】股関節の屈曲、わずかな外旋

大腰筋が多関節筋なのに対して、腸骨筋は単関節筋です。
なので、腰椎のアライメントに関わらず、安定して股関節屈曲トルクを発揮できます。

腸腰筋と歩行の関係

大腰筋と腸骨筋の筋繊維は大腿骨頭の前方で癒合して股関節の前面を覆うため、腸骨大腿靭帯と恥骨大腿靭帯とともに股関節の過伸展を制動します。

立脚後期の股関節伸展を腸腰筋の遠心性収縮で制御し、その弾性エネルギーで下肢を振り出すことで遊脚期の二重振り子運動が生じ、クリアランスを保つことができます。

遊脚期の二重振り子で大切なのは随意運動ではない点です。
前遊脚期で下肢の荷重が抜けることで、立脚後期の遠心性収縮で引き延ばされた腸腰筋が自動的に弾力で縮むということが大切です。

Thomasテスト

このテストにより、腸腰筋の短縮を評価することができます。

また、検査側の股関節が屈曲しないように固定してThomas肢位をとることでストレッチもできます。

腸腰筋のトレーニング

数学的モデルを用いた解析では、股関節伸展20°~屈曲10°、屈曲30°以上で大腿直筋よりも屈曲トルクが大きいと報告されています。

この関節角度の範囲でトレーニングをすることで大腿直筋の活動を抑えて、腸腰筋を選択的に強化できると考えられます。

参考文献

  • Donald A. Neumann(2012)『カラー版 筋骨格系のキネシオロジー』嶋田智明・他訳, 医歯薬出版株式会社.
  • 林典雄(2006)『運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹』青木隆明監修, MEDIAL VIEW.
  • 原島広至(2004)『肉単(ニクタン)~語源から覚える解剖学英単語集~』河合良訓監修, 株式会社エヌ・ティー・エス.
  • 小栢・他『関節角度の違いによる股関節周囲筋の発揮筋力の変化:―数学的モデルを用いた解析―』理学療法学 38(2), 97-104, 2011.
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。イッコロといいます。 マイペースに勉強している運動器認定理学療法士です。 大阪府の病院で回復期の整形外科疾患と中枢神経疾患の理学療法を担当しています。