【文献紹介】視床出血の予後を予測する方法

スポンサーリンク

『視床出血の予後について 入院時の意識レベルとCT所見の立場から』

この論文は山元氏らが執筆しており、視床出血者126例(内科的治療120例+外科的治療6例)の生命・機能予後について書かれています。

 

この記事では、内科的治療120例の機能予後についてまとめています。

 

対象

対象は視床出血者で内科的治療が行われた120例です。

平均年齢は64±10歳、平均入院日数は55日±94日となっています。

 

検討項目

機能予後(脳卒中の外科研究会の機能分類に準じる)に影響を及ぼす因子について、以下が検討されています。

  • 入院時の意識レベル
  • CT分類
  • 血腫(血腫量、血種の最大径)

 

脳卒中の外科研究会の機能分類

  • 完全に社会復帰
  • 自立生活が可能もしくは一部社会復帰が可能
  • 日常生活が可能だが要介助
  • 寝たきり
  • 植物状態
  • 死亡

 

入院時の意識レベル

脳卒中の外科研究会の神経学的分類に準じて分類されています。

  • 清明あるいは錯乱
  • 傾眠
  • 昏迷
  • 半昏睡
  • 深昏睡

 

CT所見

発症48時間以内に施行されており、脳卒中の外科研究会の分類に準じて分類されています。

  • Ia群…視床に限局 脳室穿破なし
  • Ib群…視床に限局 脳室穿破あり
  • IIa群…内包へ伸展 脳室穿破なし
  • IIb群…内包へ伸展 脳室穿破あり
  • IIIa群…視床下部または中脳に伸展 脳室穿破なし
  • IIIb群…視床下部または中脳に伸展 脳室穿破あり

 

血腫量は、血種の最大横径×最大前後径×最大上下径×1/2にて算出されています。

 

結果

入院時意識レベル、CT分類、血種量、血種の最大径、脳室穿破、水頭症、発症時の年齢が機能予後に影響していました。

 

入院時意識が清明だと機能予後が良好

入院時意識レベルが清明なら74%(39例中29例)、傾眠なら34%(36例中12例)が社会復帰または自立生活が可能

昏迷なら6%(16例中1例)が自立生活が可能

 

血腫部位が視床に限局しているか、脳室穿破なしかがポイント

CT分類がIa群なら73%(36例中26例)が社会復帰または自立生活が可能

Ⅱa群なら43%(7例中3例)、IIIa群なら25%(4例中1例)が自立生活が可能

 

脳室穿破があると血腫が視床のみ(Ⅰb群)でも、社会復帰または自立生活が可能な者が29%(7例中2例)に低下してしまいます。

 

脳室穿破の有無は機能予後に有意に影響を及ぼす

脳室穿破ありの場合は17%(73例中12例)、脳室穿破なしの場合は64%(47例中30例)が社会復帰または自立生活が可能

 

血腫量は5mlがポイント

血腫量が5ml以下の場合は74%(42例中36例)、10ml以下の場合は27%(33例中9例)が社会復帰または自立生活が可能

20ml以上の場合は全例が介助生活以下のADL

 

血腫の最大径は20㎜がポイント

血腫の最大径が20㎜以下なら72%(29例中21例)、25㎜以下なら48%(27例中13例)、30㎜以下なら30%(27例中8例)が社会復帰または自立生活が可能

30㎜以上なら全例が介助生活以下のADL

 

水頭症の有無は機能予後に有意に影響を及ぼす

水頭症ありだと全例が介助生活以下のADL

水頭症なしだと41%(102例中41例)が社会復帰または自立生活が可能

 

発症時の年齢は60歳がポイント

生存者のうち、50歳以下なら80%(5例中4例)、60歳以下は54%(41例中22例)、70歳以下は31%(40例中12例)、80歳以下は15%(28例中4例)が社会復帰または自立生活が可能

80歳以上は全例が介助生活以下のADL

 

参考文献

  • 山元敏正, et al. “視床出血の予後について.” 脳卒中 13.2 (1991): 99-106.
スポンサーリンク