脊柱管狭窄症の評価とリスク管理

スポンサーリンク

この記事は脊柱管狭窄の好発部位である腰部脊柱管狭窄症の評価とリスク管理について書いています。

脊柱管狭窄症の評価とリスク管理

画像をみる

MRIで狭窄部位(脊椎のレベル)を確認します。
好発部位はL3/4、L4/5、L5/S1です。

椎間板ヘルニアや脊椎すべり、脊柱側弯なども脊柱管を狭窄する原因となるので、これらの所見を確認するためにX-PやCTで検査することもあります。

また、手術やブロック注射などを前提とした場合、脊髄造影(ミエログラフ)で狭窄状態を把握することもあります。

神経症状に関する評価

自覚症状と他覚症状により馬尾型、神経根型、混合型に分類できます。

分類自覚症状他覚症状
馬尾型下肢、殿部、会陰部の
異常感覚
多根性障害
神経根型下肢・殿部の疼痛単根性障害
混合型馬尾型+神経根型多根性障害

さらに、馬尾型では膀胱直腸障害が起こることがあります。

また脊柱管狭窄症に特徴的な症状として神経性間欠跛行があるため、どれくらい立位保持や歩行ができるかを確認します。

【神経性間欠跛行】
立位や歩行時の腰椎の伸展(前弯)の増強によって脊柱管内圧が高まり、神経を栄養する血管が圧迫され虚血が起こることで殿部~下肢の疼痛や異常感覚が生じます。

深部腱反射は馬尾型で両側性に低下、神経根型で一側性に低下します。

整形外科的テストは大腿神経伸張テスト(FNST)とKemp徴候が陽性になります。

ROMと姿勢に関する評価

ROMは腰椎と股関節を評価します。

腰椎の屈曲で脊柱管内圧は低くなるため症状が軽減し、伸展で脊柱管内圧が高くなるので症状が増強します。
腰椎は屈曲の可動性が保たれているか、伸展が過可動性となっていないかを確認します。

股関節のROM制限があると腰椎で代償して腰部への負担が大きくなります。
とくに股関節の伸展ROM制限は腰椎の伸展で代償されるため要確認です。

ROMが保たれていても動作時に腰椎が有意に動くことがあります。
股関節と腰椎が協調的に動いているか(腰椎-骨盤リズム)を確認します。

座位では腰椎が過剰に伸展していないか、立位と歩行では腰椎の過剰伸展が起こっていないことと股関節の伸展が適切に起こっているかをチェックします。

リスク管理

脊柱管内圧は腰椎伸展(前弯)での運動負荷時に増強するため症状が悪化します。
また、トレーニング中に呼吸を止めることによっても症状が悪化するため注意が必要です。

参考文献

  • 吉尾雅春・小柳磨毅編(2013)『標準理学療法学 専門分野 骨関節理学療法学』奈良勲監修, 医学書院.
  • 医療情報科学研究所編(2018)『病気がみえる vol.11 運動器・整形外科・ 第1版』メディックメディア.
  • 相澤純也・中丸宏二(2012)『ビジュアル実践リハ 整形外科リハビリテーション カラー写真でわかるリハの根拠と手技のコツ』神野哲也監修, 羊土社.
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。イッコロといいます。 マイペースに勉強している運動器認定理学療法士です。 大阪府の病院で回復期の整形外科疾患と中枢神経疾患の理学療法を担当しています。