大腿筋膜張筋~解剖、特徴、トレーニング~

スポンサーリンク
f:id:iccolo:20181115223318j:plain

大腿筋膜張筋の解剖と作用

【起始】上前腸骨棘
【停止】腸脛靭帯を介して脛骨粗面外側のGerdy結節

【支配神経】上殿神経L4~S1

【作用】股関節屈曲、外転、内旋
深屈曲域では内転作用に切り替わる
下腿の外旋
膝関節屈曲90°未満では膝関節の伸展、90°以上では膝関節の屈曲

大腿筋膜張筋の特徴

大腿筋膜張筋は腸脛靭帯に停止しているため、股関節だけでなく膝関節にも影響をおよぼします。

内反膝や動作時のKnee-outの制動には大腿筋膜張筋と腸脛靭帯が関与します。
なので、これらのアライメントを呈している場合は大腿筋膜張筋や腸脛靭帯の柔軟性が低下していることが多いです。

また、腸腰筋の筋力が低下していると大腿筋膜張筋が過活動になるため柔軟性が低下しやすいです。

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の柔軟性低下は

  • 腸脛靭帯炎(ランナー膝)
  • 膝関節の屈曲、伸展ROM制限

の原因になります。

大腿筋膜張筋の柔軟性はThomasテストに股関節内転を組み合わせて確認できます。
この方法で伸展ROM制限が大きくなると大腿筋膜張筋の柔軟性が低下していると判断できます。

大腿筋膜張筋-腸脛靭帯の柔軟性はOberテストで確認できます。

腸脛靭帯炎は腸脛靭帯遠位部の圧痛やGraspingテストで確認できます。

大腿筋膜張筋のトレーニング

大腿筋膜張筋は速い運動で筋活動が有意に高いと報告されています。

屈曲作用を強調してトレーニングを行う場合は股関節外転しながらSLRを行います。

外転作用を強調してトレーニングを行う場合はMMTの肢位で行います。

参考文献

  • Donald A. Neumann(2012)『カラー版 筋骨格系のキネシオロジー』嶋田智明・他訳, 医歯薬出版株式会社.
  • 林典雄(2006)『運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹』青木隆明監修, MEDIAL VIEW.
  • 原島広至(2004)『肉単(ニクタン)~語源から覚える解剖学英単語集~』河合良訓監修, 株式会社エヌ・ティー・エス.
  • A. I. KAPANDJI(2010)『カラー版 カパンジー 機能解剖学 Ⅱ.下肢 原著第6版』塩田悦仁訳, 医歯薬出版.
  • 中田康平・他「股関節屈曲速度変化による股関節屈筋群の筋活動パターン変化 速い運動で選択的に筋活動が増大する股関節屈筋は存在するか 」理学療法学Supplement 2016(0), 0389, 2017.
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。イッコロといいます。 マイペースに勉強している運動器認定理学療法士です。 大阪府の病院で回復期の整形外科疾患と中枢神経疾患の理学療法を担当しています。